薬剤師の転職理由は?

カテゴリー:薬剤師の転職

薬剤師の方が転職をしようとおもう理由にはどんなことがあるのでしょうか?

大体、転職をする理由は、3つに分けられるようです。

1、キャリアアップを目指したい。
・管理薬剤師として年収600万円以上の求人を探したい。
・個人経営の調剤薬局で勤務しているが、マネジメントを学ぶため大手企業に就職したい。
・ドラッグストアに勤めているが、調剤経験を積むため、給与を下げずに教育制度の整った薬局に就職したい。
・病院で経験を積んだため、次は小規模な調剤薬局で経営も学び、将来の独立を目指したい。
・薬剤師免許を取ってすぐに結婚・出産。40歳を過ぎて未経験から働ける調剤薬局を探したい
・上京してもっと色々な患者さんの処方をしたい。

2、年収UPを目指したい。
・結婚し一家の大黒柱になるため、年収を100万円アップしたい。
・若いうちに資金を貯めたい。全国どこでも良いからとにかく年収の高い求人が知りたい。

3、働き方を重視したい。
・とても忙しい総合の門前で働いてきて、結婚を機に家庭と両立できるようなパートで働きたい。
・子供との時間が欲しいので、扶養内で働ける所を探して欲しい。
・60歳だが正社員で働きたい。


この中に、あなたの転職理由と同じようなものはあったでしょうか?
まず、転職をしようと思い立ったときにしっかりと転職理由を自分で説明できない・特に転職理由がない状況では転職をすることはお勧めしません。
転職をしても働く場所が変わるだけで、他は何も変わらなくても意味がありません。

転職理由がしっかりとあれば、後は、求めているものにあう求人を探すだけです。
面接でもなぜ、なぜ志望しているか・退職理由も説明することが出来、転職成功の可能性も上がります。

なんで自分は転職をしたいのか、転職活動をする前にもう一度しっかりと考えて、満足のいく結果をだしてください。